5 第八・九・十章
 歎異抄の世界 (伊東慧明著)

   
  目  次  
 1 序・第一章  
 2 第二章  
 3 第三・四・五章  
 4 第六・七章  
 5 第八・九・十章  
 まえがき  
  一 第八章  
  二 第九章の一  
  三 第九章の二   
  四 第十章  
  補 説  
   1 第八章について  
   2 第九章について  
   3 第十章について
  あとがき  
  謝  辞  
  ※ Web版註: 本サイトは、著者および出版社のお許しを得て、管理者の責任で公開するものです。
           内容に関する連絡および問い合わせ等は管理者に行って下さい。
補説 歎異抄の諸問題


   1 第八章について

     a 純真の念仏

 第八章は、さきの第六章・第七章とともに、念仏の生活を明らかにする一章であります。が、ことに、
 「念仏は、行者のために、非行(ひぎょう)非善(ひぜん)なり」
ということばからわかりますように、ここには、純粋にして真実である念仏の法を示し、そうして、その念仏生活が、われわれ人間の理智の「はからい」を離れたものである、と述べられるのであります。
 これについて、倉田百三(ひゃくぞう)氏は、その著の『法然と親鸞の信仰』のなかで、
 「念仏は<申す>のではない。<申さるる>のである。おのずから(もよお)されて申すのである」。
といい、さらに「小さな我が出しゃばらずに、大きな宇宙が我を通して運行するのだ。自分が行じるのではない、法が行じるのだ。……宇宙の力でやってる日常生活のはしばしは、充実して、力がこもっているのである。外からは解らないが、念仏者の内面では、喫茶・喫飯にも、応接にも、全宇宙の力で行っているのである」といっております。
 そして、これは、道元の
 「ただわが身をも心をも、はなちわすれて、仏のいえになげいれて、仏のかたよりおこなわれて、これにしたがいもてゆく」 (正法眼蔵)
という心境に相通ずるものである、と述べておりますが、亀井勝一郎氏も、また「親鸞の他力とは違うが」と注意しながら、このことばは「道元の禅が最後に到達したときの一種の他力」を語るものである(生死の思索・歎異抄のこころ)と述べて、両者の類似を指摘しているのであります。これらは、ともに、親鸞の生きた念仏の生活をいいあてようとするものである、といえましょう。
 このように、
 「(わが)はからいにて行ずるにあらざれば、非行という。我はからいにてつくる善にもあらざれば非善という」
とある第八章では、まず「純真の念仏」が明らかにされます。そして、その念仏に生かされて宿業本能に生きる生活は、生命原初の赤裸を失わぬウブなものである、ということが語られるのであります。
 これに.ついて先輩たちは、
  一 非善非行章(念仏は善でもなく行でもない) 妙 音 院 了 祥
  二 催されて生きる態度            倉 田 百 三
  三 念仏の純真性をみがきあげられたもの    梅 原 真 隆
  四 純他力の念仏を明らかにした一章      小 野 清一郎
  五 非行非善                 金 子 大 栄
などと解されております。われわれは、このように領解された諸先輩の真意を、誤りなく把握せねばなりません。が、ことにこの一章について、曾我量深先生は「念仏は、行者のためには、選択(せんじゃく)本願である」ということを教えるものであるといい、「念仏は他力である。念仏は本願力である」(歎異抄聴記)と述べておられます。
 このあと、第八章には、
 「ひとえに他力にして、自力をはなれたるゆえに、行者のためには、非行・非善なり」
とありますが、このことは『教行信証』の「行の(まき)」に、
 「他力と言うは、如来の本願力なり」
と、親鸞自らが解釈されたことによって明らかであります。すなわち、念仏は、自力のはからいを離れたものであるから、アミダの本願力のはたらきであるから、念仏する人にとっては非行・非善であり、純真にして疑蓋(ぎがい)(うたがい)のない念仏なのであります。

     b 絶対の他力

 さて、古来、この第八章と全く同じ意味を述べたものとして、『末燈鈔(まっとうしょう)』(第二十二通)の、次のようなことばが注意されております。
 宝号経(ほうごうきょう)にのたまわく、「弥陀の本願は、行にあらず善にあらず、ただ仏名(ぶつみょう)をたもつなり。名号は、これ善なり、行なり。行というは、善をするについていう言葉なり。
 本願は、もとより仏の御約束(おんやくそく)と心得ぬるには、善にあらず、行にあらざるなり。かるがゆえに他力と申すなり」
と。このように書き送って、親鸞は、同朋の「非行・非善」ということについての不審をはらそう、とされたのでありましょう。
 すなわち、「念仏(名号)は、善であり、行である」が、「行者のためには、行にあらず、善にあらず」というのであります。このことは、すでに「行の巻」のはじめに
 「(つつし)んで往相の廻向を思うに、大行と大信とがある。大行とは、無碍光如来(アミダ如来)の(みな)(とな)うること(念仏すること)である。この行は、よろずの善を(おさ)め、よろずの徳を具えて、(すみや)かに(とな)うる身に円満する、真如一実(あるがままの真理、真実)の功徳の宝である。(かるがゆえ)に、大行と名づけらるる」(金子大栄・口語訳教行信証)
 
註 「謹んで往相の廻向を按ずるに、大行有り、大信有り。大行というは、則ち無㝵光如来の名を称するなり。斯の行は、則ち是れ諸の善法を摂し、諸の徳本を具せり。極速円満す、真如二実の功徳宝海なり。故に大行と名づく」(行の巻)
と明らかにされてあるのであります。
 ところが、小野清一郎氏は、それにたいして、この第八章のことばは、二つの矛盾を含んだ逆説的な表規である」と述べ、「これまでの歎異抄の講説は、この第八章を比較的軽く取り扱っており、その逆説的な意味に苦しんだ跡は、あまり見出せないようである」と批判を加えておられます。
 そして「念仏は行者のために非行・非善なりということは、単純に行でもなければ、善でもない、ということではない。行にして行にあらず、善にして善にあらずということでなければならない。それは矛盾であって、しかも、その矛盾を止揚する宗教的体験の表現である」と、その見解を述べておられるのであります。(歎異抄講話)
 この点については、すでに講話(本書第五巻一「行者のために非行・非善である」参照)において触れたとおり、ここには「行者のために」とあることに注意すれば、その問題は解消するのであります。これによって親鸞は、まずもって、人間の理智・分別の「はからい」を徹底的に否定し、そうして、全く自分の「はからい」を離れたところの「絶対の他力」を明らかにされるのであります。
 ここで、われわれは、絶対他力の信念を述べたところの、あの第三章を想起すべきでありましょう。そこには
 「自力作善の人は、ひとえに他力をたのむ心かけたるあいだ、弥陀の本願にあらず」
とありました。しかしながら、
 「自力の心をひるがえして、他力をたのみたてまつれば、真実報土の往生をとぐるなり」
といわれるように、自力作善の人には、「廻心すること」が待ちのぞまれているのであります。
 そして、それに照らしてみれば、第八章には、その廻心によって開かれた世界の内景が説かれている、と解することができましょう。
 「信の巻」をみますと
 「およそ大信海について、かんがえてみるに……、それは、行でもなく、善でもない。……ただ不可思議(考えることもできない)不可称(はかることもできない)不可説(説くこともできない)の信楽(しんぎょう)(信心)である」(取意)
 
註 「凡そ大信海を按ずれば、乃至、行に非ず、善に非ず、乃至、唯是れ不可思議・不可称・不可説の信楽なり」(信の巻)
とあります。これは、第八章と同じく、自力のはからいの絶対否定をあらわすものでありますが、これはまた、師訓十章の最後のことば、すなわち
 「念仏には、無義をもって義とす。不可称・不可説・不可思議のゆえに」
ということばに相応ずるものといえましょう。
 念仏には、人間の思慮分別を加えない(無義)ということをもって、その本義(義)とします。したがって、念仏にあっては、その信心にもさとりにも生活にも、人間の「はからい」がありません。それを、絶対の他力というのであります。


目次に戻る /ページ先頭/ 次に進む