5 第八・九・十章
 歎異抄の世界 (伊東慧明著)

   
  目  次  
 1 序・第一章  
 2 第二章  
 3 第三・四・五章  
 4 第六・七章  
 5 第八・九・十章  
 まえがき  
  一 第八章  
  二 第九章の一  
  三 第九章の二   
  四 第十章  
   原文・意訳・注  
   案内・講師のことば
   講  話  
   座談会  
  補 説  
  あとがき  
  謝  辞  
  ※ Web版註: 本サイトは、著者および出版社のお許しを得て、管理者の責任で公開するものです。
           内容に関する連絡および問い合わせ等は管理者に行って下さい。
一 第十章 「自然法爾」


     第十章の原文

 一、念佛には(一)無義をもって義とす(二)不可稱(ふかしょう)不可説不可思議(三)のゆえに、とおおせそうらいき(四)


     現代意訳

 念仏においては、わたしたち人間のはからいがない、ということをもって、本義とする。
 念仏の意義は、どのようなものであるか、(はか)ることもできないし、説きつくすこともできないし考えることもできないからである。
と聖人はおっしった。

     注  釈


(一)念仏には。
 ねんぶつ。念仏にあっては。現代意訳では「念仏においては」としました。
(二)無義をもって義とす。
 むぎ。人間のはからいがない(無義)ということをもって本義(義)とする。人間の思慮分別を加えないことをもって本義とする、ということです。
 はからいのないことこそ、念仏の根本の意義であり、それがアミダの心にかなうことであります。したがって無義とは、人間のはからいでする意義づけ、理由づけがあり得ないということであり、あとの義は、アミダのはたらきがもつところの意義のことであります。
 これについて親鸞は、次のようにいっております。「アミダ如来の誓いであるから、他力には、義のないことをもって義(根本義)とする、と聖人(法然)がおっしゃった。義というのは、はからいをあらわすことばである。行者のはからいは自力であるから、義という。他力は、アミダの本願を信じて、浄土へ生まれることが決定的であるから、『義がない』というのである」(末燈鈔第二通取意)と。
(三)不可称不可説不可思議。
 ふかしょう、ふかせつ、ふかしぎ。称(はか)ることもできない、説くこともできない、思議する(考える)こともできないということ。
 すなわち、念仏の意義はどんなものであるか、その大きさ重さをはかることもできないし、ことばに説きあらわすこともできないし、心に考えることもできない、ということですが、しかし、これは、まったくわからないということではありません。人間の理知分別をもってしてはわからぬのですが、念仏をすれば、それこそが真実であり、ことばや思いを超えてうなずける事実である、といわねばなりません。
 なお、不可称の「称」には、称名(しょうみょう)称揚(しょうよう)などといわれるように、「ことばにあらわして、たたえる」という意味と、称量(しょうりょう)、すなわち「量をはかる」という意味がありますが、ここでは後者によって現代意訳をしました。
 また「無義をもって」の原文は、諸本ともに「無義をもて」となっております。
(四)とおおせそうらいき。
 ここで、歎異抄前半の師訓十章が終りますが、それについて、「とおおせそうらいき」ということばがあるのは、第三章と第十章の二ヶ所であるということ、したがって、そこに師訓十章の内容にかかわる問題点がある、ということに着眼したのは、了祥師(歎異抄聞記)であります。


目次に戻る /ページ先頭/ 次に進む