2 第二章
 歎異抄の世界 (伊東慧明著)

   
  目  次  
 1 序・第一章  
 2 第二章  
 まえがき
  一 第二章の一  ◀ 
   原文・意訳・注  
   案内・講師のことば
   講  話  
   座談会  
  二 第二章の二  
  三 第二章の三   
  補 説  
 3 第三・四・五章  
 4 第六・七章  
 5 第八・九・十章  
  謝  辞  
  ※ Web版註: 本サイトは、著者および出版社のお許しを得て、管理者の責任で公開するものです。
           内容に関する連絡および問い合わせ等は管理者に行って下さい。
一 第二章の一 「めぐりあい」


     第二章の原文

一、 おのおの(一)()(こく)(二)(さかい)をこえて、身命(しんみょう)をかえりみずして(三)、たずねきたらしめたもうおんこころざし(四)、ひとえに往生極楽のみち(五)をといきがんがためなり。しかるに念佛(六)よりほかに往生(七)のみちをも存知(ぞんち)(八)し、また法文等(ほうもんとう)(九)をも知りたるらん(十)と、こころにくくおぼしめしておわしましてはんべらば(十一)、大きなるあやまりなり。もししからば、南都(なんと)北嶺(ほくれい)(十二)にも、ゆゆしき學匠(がくしょう)(十三)たちおおく(おわ)せられて(十四)そうろうなれば、かの人々にも()いたてまつりて、往生の(よう)(十五)よくよくきかるべきなり。親鸞におきては、ただ念佛して、禰陀(みだ)(十七)にたすけられまいらすべし(十六)と、よきひと(十八)の仰せをこうむりて、信ずるほかに別の子細(十九)なきなり。念佛は、まことに浄土(二十)にうまるるたね(二十一)にてやはんべるらん。また地獄(二二)におつべき業(二十三)にてやはんべるらん。(そう)じてもって(二十四)存知(ぞんち)せざるなり。たとい、法然上人(二十五)にすかされ(二十六)まいらせて、念佛して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずそうろう。そのゆえは、自餘(じよ)の行(二十七)もはげみて、佛になるべかりける身(二十八)が、念佛をもうして、地獄にもおちてそうらわばこそ、すかされたてまつりて、という後悔もそうらわめ、いずれの行も(二十九)およびがたき身(三十)なれば、とても地獄は一定すみかぞかし(三十一)。禰陀の本願(三十二)まことにおわしまさば、釋尊の説教(三十三)虚言(きょごん)(三十四)なるべからず。佛説(三十五)まことにおわしまさば、善導の御釋(おんしゃく)(三十六)、虚言したもうべからず。善導の御釋まことならば、法然の仰せそらごとならんや。法然のおおせまことならば、親鸞がもうすむね、またもって、むなしかるべからずそうろうか(三十七)。せんずるところ(三十八)愚身(ぐしん)の信心(三十九)におきてはかくのごとし。このうえは、念佛をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御計(おんはから)(四十)なりと云々(うんぬん)

     現代意訳

 みなさんが、はるばる関東から京都まで、十あまりもの国ざかいをこえて、いのちがけでたずねてこられたご本心は、ただ、アミダの浄土に生まれる道を問いただし、聞いて明らかにするためである。ところが、この親鸞が、念仏のほかにも浄土に生まれる道を知っておるとか、また、そういうことを記した書物なども知っておるのであろう、それが知りたい、と思っておられるならば、たいへんなあやまりである。もし、そういうことなら、奈良や比叡山にも、すぐれた学者たちがたくさんおられることだから、あの人たちにでもお会いになって、浄土に生まれるための要点を、よく得心(とくしん)するまで、お聞きなさるがよろしい。
 親鸞においては、ただ念仏してアミダにたすけていただけと、よき師(法然上人)の教えを聞いて信ずるほかに、格別のことはないのである。
 念仏は、ほんとうに浄土に生まれる因(たね)であろうか。また、地獄におちる業(ごう)であろうか。そいうことは、考えてみても、まったくわからない。かりに法然上人にだまされて、念仏して地獄におちたとしても、すこしも後悔はしないであろう。というのは、念仏のほかの修行でもすればブッダ(仏陀)になるはずの身が、念仏をとなえて地獄へおちたというのなら、「だまされて……」という後悔もあろう。しかし、どんな修行もできないこの身であるから、どうしてみても地獄よりほかに行くところはない。
 アミダの本願がまことであるならば、ブッダ釈尊の説教もいつわりであるはずはない。ブッダの説かれる教えがまことならば、善導のご解釈にもいつわりをおっしゃるはずはない。善導の了解されたことがまことならば、法然のお言葉もどうしてうそであろう。法然のおっしゃることがまことならば、親鸞のもうすことも、これまた、むなしいたわごとでもあるまい、といえようか。
 要するに、この愚かな身にいただく信心は、このようなものである。だから、このうえは、念仏を信じられようとも、また、すてられようとも、それは、あなたがた一人ひとりのご決断にまつと聖人はおっしゃった。

     注  釈


(一) おのおの。
 みなさんが、諸君が、という意味。ここでは、はるばる京都の親鸞をたずねてきた関東の同朋(どうぼう)たちのことです。
(二) 十余か国。
 親鸞は、六十余歳のころ二十余年もの間住みなれた関東(主として常陸)を離れて、京都にかえりましたが、その途中には、常陸を起点として、東海道ならば、下総、武蔵、相模、伊豆、駿河、遠江、三河、見張、伊勢、近江、山城(東山道ならば、武蔵、甲斐、信濃、美濃、近江)の国々があります。
(三) 身命をかえりみずして。
 いのちがけで。関東から京都に到る旅が、いのちがけのものであった理由としてはそれが鎌倉時代の旅であること、親鸞の去ったあとの関東地方の状勢、ことに善鸞(ぜんらん)事件のこと、また日蓮の教えの宣伝されたことなど、外的なもの、および、社会(教団)の混乱は、信仰が純粋であるか否かによるという内的なものとが考えられます。
(四) たずねきたらしめたもうおんこころざし。
 「しめ」も「たもう」も敬語の助動詞で、たずねてこられた、ということ。こころざしは、こころの向うこと、目的ということですが、意訳には、来訪の「本心」としました。
(五) 往生極楽のみち。
 おうじょうごくらくのみち。極楽(すなわちアミダの世界)に往き生まれる道。アミダの世界は、清浄(しょうじょう)な国土(こくど)という意味で浄土(じょうど)といい、あるいは人生の業火(ごうか)の燃えつきたところ(涅槃・ねはん)、生死(しょうじ)の人生をこえたところ(無生・むしょう)ともいいますが、また、人生の苦や楽をはなれた絶対楽(ぜったいらく)の世界であるという意味で、極楽(ごくらく)ともいいます。
(六) 念仏。
 ねんぶつ。ナムアミダ仏と名(みな)をとなえること。仏を念ずるには、いろいろな方法があると考えられるようですが、法然や親鸞は、称名念仏(しょうみょうねんぶつ)こそ、ほんとうの念仏であることを明らかにしました。
(七) 往生。
 おうじょう。けがれに満ちた人生をはなれて清浄(しょうじょう)なアミダの浄土(じょうど)に往き、生死(しょうじ)の人生をこえた無生(むしょう)のアミダの世界に生まれること。
(八) 存知。
 ぞんち。思い知り、考え知ること。心得る、承知するこしも これは、信じ知る(信知・しんち)ということにたいする言葉で、歎異抄を読む上で、見逃してはならぬ大切な言葉です。
(九) 法文等。
 ほうもんとう。ブッダ(仏陀)の教えと、それを説いた経典(きょうてん)や註釈書など。これはいわゆる善鸞(ぜんらん)事件と関係があるものということから、親鸞の子の善鸞が、関東の同朋たちに「夜ひそかに自分だけが、父から法文をさずけられた」、「自分ひとりに、人にはかくして法文をおしえてくれた」などといいふらして、同朋の心をまどわしたところの、その法文のことであると指摘する先輩の解釈もあります。
(十) 知りたるらん。
 知っているであろう。
(十一) ここころにくく……。
 奥ゆかしい、奥がありそうだ真相が知りたい、とお考えになっているとすれば。
(十二) 南都・北嶺。
 なんと・ほくれい。興福寺や東大寺のある奈良と、延暦寺のある比叡山ですが、中世では、南郁北嶺」といえば、ことに興福寺と延暦寺をさしました。いま、親鸞は、これによって、自力聖道(じりきしょうどう)の仏教を代表させているわけです。
(十三) ゆゆしき学匠。
 がくしょう。すぐれた学者、大学者。「ゆゆしき」とは、ことのほかの、ことにすぐれたという意味。学匠は、学生ともかきますが、学者、学僧のこと。第十二章には「学生のかい」とあり、第十七章には「学生だつる人」とあります。
(十四) 座せられて。
 「ざ」せられて、ではなく、「おわ」せられてと読む。おいでになるの意。
(十五) 往生の要。
 おうじょうのよう。往生の肝要、往生の要旨。親鸞が、仏教における七人の高僧の一人にかぞえた比叡山横川(よかわ)の源信(げんしん)には『往生要集』(おうじょうようしゅう)という名著があり、当時、多くの人びとに読まれたことが思いあわされます。
(十六) ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべし。
 これは、親鸞にとっての、よき人(法然上人)の教えです。法然は、主著の『選択集』(せんじゃくしゅう)のはじめに「南無阿弥陀仏、往生の業には、念仏を先と為す」といい、また結びには「正定の業(しょうじょうのごう)とは、即ち是れ、仏の名を称するなり、称名は必ず生を得、仏の本願に依るが故に」といいます。
 ここにいう「ただ念仏」は、念仏を先とし、根本とするがゆえに、念仏がすべてであるという親鸞の了解をあらわしています。
(十七) 弥陀。
 みだ。ミダ、アミダ、アミダ仏ともいいます。第一章の最初に「弥陀の誓願不思議(せいがんふしぎ)にたすけられまいらせて」とあったのが想い起されます。
(十八) よきひと。
 「よからぬひと」にたいする「よきひと」で、善人、善友、親友という意味の善知識(ぜんぢしき)に同じ。ここでは、親鸞の師、法然のことです。しかし、親鸞が、とくに法然の名をふせて「よき人」といった点に注意せねばなりません。『末灯鈔』(まっとうしょう)では、親鸞は、聖覚(せいかく)や隆寛(りゅうかん)のことを「よき人びと」といっております。
(十九) 別の子細。
 べつのしさい。格別なわけ。子細は、仔細とも書きます。つまり、よきひと(法然)のお言葉をいただいて(こうむりて)、それをそのまま信ずるだけであって、ほかに格別なわけもないのである、という意味。さきに「ただ念仏して」とありましたが、親鸞においては、その教えを「(ただ)信ずる」ばかりであるということでありましょう。
(二十) 浄土。
 じょうど。清の国、アミダの世界。この人生の苦悩と動乱を転じて、まことのやすらぎをあたえるところ。人間が、かならずかえるべき本来の世界。
(二十一) たね。
 種。結果(実)にたいする因(いん)を、比喩的に種子(たね)と表現します。ここでいう「たね」は、このあとの業(ごう)と同じく、業因(ごういん)のことです。
(二十二) 地獄。
 ぢごく。苦しみの最もはげしい状況と、そういう世界に生存するものをいいあらわす言葉で、梵語ではナラカ naraka またはニラヤ niraya といい、音を写して捺落迦とか奈落といいます。これは、極楽(ごくらく・絶対楽)にたいする極苦(ごっく・絶対苦)の世界ですが、また、足(た)ることを知らぬ欲望の餓鬼(がき)、弱肉強食する畜生(ちくしょう)とともに三悪趣(さんまくしゅ)、三悪道(さんまくどう)といい、また、つねに闘争する悪神の修羅(しゅら)と人間と天(てん・つまり今日いうところの神のごときもの)とを合せて六道(ろくどう)とか、六趣(ろくしゅ)といいます。
(二十三) 業。
 ごう。ここでは、きっと未来に、ある結果を招くところの因となるおこないということ、これを業因(ごういん)といいます。つまり「念仏は浄土の業因かまた地獄の業因か」ということ。業とは、行為や言語や思想など、次の存在を決定するはたらきをもつもので、梵語ではカルマン karmanといいます。
(二十四) 惣じてもって。
 「惣(そう)じて」は、総じて、すべて、おおよそ、ということ。「もって」は、強めの語。
(二十五) 法然上人。
 ほうねんしょうにん。名は源空(げんくう)。長承二年(二三三)、岡山県久米郡久米南町(美作国久米南条稲岡庄)に漆間時国(うるまときくに)の子として生まれましたが、幼くして父の横死にあい、その遺言にしたがって、十五歳で出家して比叡山に登り、天台(てんだい)をはじめ仏教諸宗の教義を学びましたが、そのいずれもに満足できませんでした。ところが四十三歳のころ、善導(ぜんどう)の著した『観経疏』(かんぎょうしょ)を読んで、アミダの本願に帰依し、叡山から独立して浄土宗(じょうどしゅう)を開き、京都東山吉水(よしみず)の禅坊に住んで念仏の教えを弘めました。そのため、念仏禁止という迫害をうけ、四国に流罪となり、赦免されて京都に帰った翌年、建磨元年(一二一一)に、八十歳でなくなりました。主著は 『選択集』(せんじゃくしゅう)。多くの秀でた門弟がありましたが、親鸞は、最晩年の弟子の一人。法然を浄土教(じょうどきょう)の七高僧の第七祖にかぞえています。
(二十六) すかされ。
 「すかす」は、だます、あざむく、たぶらかすということ。
(二十七) 自余の行。
 じよのぎょう。爾余の行とも書き、このほか、そのほかの行。ここは、念仏以外の修行のこと。
(二十八) 仏になるべかりける身。
 わたしの意訳には「ブッダ(仏陀)になるはずの身が」としましたが、多屋頼俊先生は、これを「仏になるはずでありましたのが」、増谷文雄先生は「仏になれるというものが」、姫野誠二先生は「仏にもなれよう身で」と意訳されています。
(二十九) いずれの行も。
 念仏以外のいかなる修行も。
(三十) およびがたき身。
 手のとどかない身、達しがたい身。
(三十一) とても地獄は一定すみかぞかし。
 どうしても地獄は、決定的な住家(すみか)なんですよ。「とても」はなんとしても、どうしても。「一定」は、しかときまった。「ぞ」「かし」は、ともに意味を強める助詞。
(三十二) 弥陀の本願。
 みだのほんがん。アミダがおこされた本当の願い。あらゆる願いの根本となる願い。それを『大無量寿経』(だいむりょうじゅぎょう)には「正しく信じて念仏する人びとをすくおう」と、いいあらわしてあります。
(三十三) 釈尊の説教。
 しゃくそんのせっきょう。お釈迦さまの説かれた教え。インドのヒマーラヤ山の麓(ネパール地方)のシャカ族の尊者という意味で、シャカムニ(釈尊)といいます。
 釈尊の説教は、今日では『一切経』『大蔵経』として伝えられていますが、ここでは、とりわけ『浄土の三部経』(じょうどのざんぶきょう)、そのうち、ことに『観無量寿経』(かんむりょうじゆきょう)のむすび(流通分・るづうぶん)の「汝、よく是の語をたもて、是の語をたもてとは、無量寿仏の名(むりょうじゅぶつのみな)をたもてとなり」という言葉をさすと解されます。
(三十四) 虚言。
 ぎょごん。うそ、いつわり。
(三十五) 仏説。
 ぶっせつ。ブッダ(つまり釈尊・シャカムニ)の説かれた教え。
(三十六) 善導の御釈。
 ぜんどうのおんしゃく。<六一三-六八一>中国の唐時代、浄土教を大成した高僧で、その主著『観経疏』(かんぎょうしょ)は、やがて法然をして仏教の真髄に活眼せしめるはたらきをなした大切な聖典です。この善導をたたえて親鸞は「正信偈」(しょうしんげ)に「善導独明仏正意」(ぜんどう、ひとりブッダのしょういにあきらかにして)とまでいっております。
 善導の御釈とは『観経疏』(かんぎょうしょ)のことですが、とくに、さきに述べたむすぴ(流通分・るづうぶん)の言葉を解釈して、「これまでブッダは、いろいろ説かれたが、アミダの本願にてらしてみれば、その本意は、要するに人びとに、ナムアミダ仏と一心に名(みな)を称えさせるところにある」といわれるものをさすといえましょう。
(三十七) むなしかるべからずそうろうか。
 「か」は疑間の助詞。虚言であるはずはなかろうではないか、という意味。
(三十八) せんずるところ。
 所詮、つまるところ。
(三十九) 愚身の信心。
 ぐしんのしんじん。親鸞は、みずから、「愚禿釈(ぐとくしゃく)親鸞」と名のっていますがこの内身をもって生きる生の事実にめざめたこころを、ここに「愚身の信心」といいあらわします。
(四十) 面々の御計い。
 めんめんのおんはからい。「面々」は、めいめい、各自。「はからい」は、とりはからい、思慮、分別、処置、決定など。
 したがって、これは「各自の考え次第である」という意味ですが、意訳では「決断」と訳しました。すなわち、ここでいう「はからい」は、人間の、いわゆる「はからい」という意味にとどまらず、もっと深い自覚をうながす言葉であり、それによってあらわされる念仏への絶対の信順(しんじゅん)が、人間のまどいをこえた広く大きな世界を開いているということを感ずるからです。


目次に戻る /ページ先頭/ 次に進む