目  次
【ブラウザ】 MS-Explorerを標準に作成しています。

【文字サイズ】
 「中」でご覧下さい。必要な場合には、ブラウザの拡大表示をお使い下さい。

【註】
 本文から巻末の「註(補説)」にリンクを張りました。。

【傍点】 原文中の傍点部分は、ボールド表記しました。
『歎異鈔集記(中巻)』  高原覚正著 本文へジャンプ

   ま え が き

 一 自覚と実践

 二 第四章 慈  悲
   第一節 実践について   第二節 純 粋 行    第三節 還相は自覚行

 三 第五章 還  相
   第一節 実践主体の問題  第二節 感応の世界    第三節 智慧の宗教

 四 第六章 教  団
   第一節 一人の自覚    第二節 同一・平等の世界 第三節 歴史的原点にたつ

 五 第七章 無  碍
   第一節 法徳をあかす   第二節 神 と 魔    第三節 転  成

 六 第八章 非  行
   第一節 念仏そのもの   第二節 如来の本願力なり
   第三節 第八章を頂点とした『歎異鈔』の組織

 七 第九章 悲  願
   第一節 師と弟子     第二節 他力の悲願    第三節 純粋意欲

 八 第十章 法  爾
   第一節 絶対現実世界の風光     第二節 無義を義とす

 註 (補 説)
   一 自覚と実践   二 第四章   三 第五章   四 第六章
   五 第七章     六 第八章   七 第九章   八 第十章

   結  び

   あ と が き