細川(ほそかわ) (いわお) 先生


略 歴

大正8(1919)年 福岡市に生まれる。

昭和11年 福岡中学校(現福岡高等学校)卒業。
昭和18年 住岡夜晃先生出遇われる。
昭和19年 広島文理大学化学科卒業。
昭和22年 広島高等師範学校教授。
昭和24年 福岡第一師範学校(現福岡教育大学)に奉職。同久留米分校助教授。
昭和30年 東京大学より学位取得(理学博士)。
昭和35年 「日野市教育を考える会」主催の歎異抄講座で講義を始める。
昭和44年 福岡県宗像市三郎丸において巌松寮を建て仏教青年の育成をめざす。
昭和50年 福岡教育大学退職。同大学名誉教授。
      宗像市三郎丸に「ひかり養育園」を設立
      以後、園長として浄土真宗の教えに基づく幼児教育を始める。
平成 2年 財団法人九州環境管理協会理事長に就任。

平成8(1996)年 示寂。

著 書

『十住毘婆沙論−龍樹の仏教』、『晩年の親鸞』、『信は人に就く』(法蔵館)、
『蓮如上人御一代記聞書讃仰』(東本願寺)、
『現代と仏教との対話』(共著、東海大学出版会)など

辞世のおことば/最晩年のお写真

★ ブラウザの「前画面(←)」機能で、戻って下さい。