第七章 まえがき

『歎異抄講読(第七章について)』細川巌師述 より

目次に戻る

 「念仏者は無碍の一道なり」に始まるこの第七章がなかったならば、『歎異抄』全体の真意というものが明らかにならない。この章があるために本願の宗教、念仏の道というものが非常に力強い、現実を生きぬく働きを持っていることを的確に表わしている。本願の宗教は内向的な面が強い。例えば第一章には「罪悪深重煩悩熾盛の衆生を助けんがための願にまします」といい、第二章には「地獄は一定すみかぞかし」というように、深い内向的な面が強く出ている。これを誤って考えると罪悪深重、地獄一定というように、ちぢこまってちぢこまって小心翼々として生きているようにとられる一面が出ている。更にまた、後の章になると宿業という問題が出てきて「兎の羽毛の毛の端にいる塵ばかりもこれ(ことごと)く宿業であって、どうすることもできない宿業の中に我々は生きているのである」という文もあって、内も外も助かりようのないような中で、信心を得てかろうじて生きていくのであるというように誤られる趣がある。しかるにこの第七章があってはじめて、そういういじけた、ちぢこまった宗教でなしに「無碍の一道」と、何物にも引きずられない、何物をもおそれることのない、いかなる障害をも意とせずに向かっていくような力強い明るい、そして徹底した積極的な表現が出ている。これが第七章の特色である。この章がなければ『歎異抄』、いや仏教全体が消極的なものであるの誤解されてしまうであろう。

 「念仏者は無碍の一道なり、そのいわれいかんとならば信心の行者には天神地祇も敬伏し」、天の神も地の神も向こうの方からこの人を尊敬し平伏し「魔界外道も障碍することなし」。更に作った罪悪も私を引きずり廻すことなく、いかなる諸善も及ぶものがない。このように極めて力強い表現であらわされている。この章を繰り返し頂くと本願の宗教が聖人において積極的な、徹底した教であったことが明らかになる。

 「念仏者は無碍の一道なり」。まことにこれは大文字である。実に感銘深い文字である。

ページ頭へ | 一、念仏者」に進む | 目次に戻る