一、怖畏罪悪の異義

『歎異抄講読 異義編(第十三章について)』細川巌師述 より

目次に戻る

 第十三章の題名に就いて了祥は怖畏(ふい)罪悪(ざいあく)の異義と申した。この名前は古めかしくて、現代ではちょっとセンスがずれた感じですが、罪悪を恐れなければならない。本願があるからどのような悪も救われる、と言って悪に対して無感覚になってはならない。心を慎しんで嗜み、罪を犯すことを恐れて生きる生き方が大事であると言う。「これが間違っている、異義である」というのがこの章である。
 「『弥陀の本願不思議に在しませばとて悪を怖れざるは本願ぼこりとて往生かなふべからず』といふこと」これが間違っている。「この條本願を疑ふ、善悪の宿業を心得ざるなり」といって、本願を疑うという間違いがある。又善悪がすべて宿業であることを心得ない、という誤りがある。この二つの誤りは根が同じであって、根本は弥陀の本願に対する解決を得ていないから起るものである。この異義の為にこの章ではかなりの字数をついやして綿密な反論を述べている。しかし前の十二章に比べると非常にやわらかな批判になっていて、十二章では「法の魔障なり、仏の怨敵なり」と厳しい批判がなされているが、これに対するとこの章の最後は「いかなる悪を本願ぼこりと言う、いかなる悪かほこらぬにて候ふべきぞや、かえりて心をさなきことか」。幼稚なことではないかと言って、誡めの言葉が非常に寛容である。
 罪悪を恐れなければならないと言うのは真面目な生き方、理想主義的な真摯な生き方である。従ってそれに対する反論はかなりやさしいものになっている。この誤りはひどいひどい間違いではない。本願への徹底が足りないためである。そういう所をおだやかに説得してある。この章の「本願ぼこり」、これを古語辞典で引くと、「ほこり」とは言いすぎる、あたり前をこえるとある。あたり前を当分と言う。物事にはそれぞれの分がある。それを踏みこえるのを「ほこる」という。ここでは本願があればどんな者でも救われるのだ、従ってどんな悪も恐れる必要がないと本願を高く評価しすぎている。このような意味で用いていると思われる。
 弥陀の本願は不可称不可思議で、我々人間の理解をこえたものである。それをそうだと肯定して悪を恐れないでほしいままに悪をやるのは「本願ぼこり」と言って本願を高く評価しすぎ分を超えている。それでは往生は出来ない、「たとえ本願があってもやはり罪を恐れ悪いことをしないように努めてゆかなければいけない」と言う。これはまちがっている。それは本願を信じていない。又善も悪も宿業であると言うことがわかっていない。これがこの異義に対する批判である。

ページ頭へ |二、宿業はご晩年の聖人のおことばであるに進む目次に戻る